『ランナーの走りとからだを解決に導くRun Grow 』

ランフォーム改良とパーソナルコンディショニングでスペシャルサポート

【治るまで走らない⁉️】フルマラソン大会後に痛みが出たらどうするか?

フルマラソンの大会後、

ふくらはぎ、足裏や膝周り、股関節周り、お尻、ハムストリングス痛みが出てしまった。

数日で治るかと思ったのに日が経ってもなかなか治らない。

さて、あなたはどういう行動に出ますか?

 

関連記事↓

meguropersonal.hatenablog.com

 

meguropersonal.hatenablog.com

 

整骨院などで治療してもらう

 

②治るまで放っておく、それまでは走らない

 

③治らないのに、大丈夫だと考えランニングを再開してしまう

 

④ストレッチと筋トレを行う

 

なぜ、痛みが治らないのか?を考えてみてください。

・例えばフルマラソン4時間でゴールしたランナーは、4時間痛くなるような反復動作をしていたということです。

③は私とお客様の経験上、治るのには長期化するのでさらに走力は低下します。

②は良い判断ですが、根本解決になっていないので走り始めれば同じことが起こる可能性があります。

 

✅実は、痛めた組織は(靭帯、腱、筋肉、関節内)放置しておいても簡単には治りません。

①の整骨院で治療器を当てていればその時に痛みが和らいだ感覚は出るでしょう、でも時間が経てば元に戻ってしまいます。

考えればわかりますが、治療器を当てていても筋肉を自分の意思で動かしているわけではありません。

 

④は最も大切なことなのです。

✴️どんなスポーツのアスリートも競技の練習以外の基礎的な筋トレをしています。

それが故障しないための重要なことだと理解しているからです。

・陸上の短距離選手や大迫傑選手が、なぜバーベルを持ってスクワットやランジをするのか?

大谷翔平選手がメジャーに行ってから身体を大きくしたのはなぜか?

単純明快でアスリートは結果を出すためにやっているのです。

 

市民ランナーのあなたはどうでしょうか?

市民ランナーに啓蒙したいことは、

❶走る動きのメカニズムと筋肉の仕組みを知ること(徐々に)

❷弱点筋肉の筋トレをすることで故障の改善予防やタイムアップになる成功体験を積み重ねること

❸日常生活から姿勢や身体の癖を知り、それを改善する決意をして行動すること

 

上記3点セットを行えば結果は出るし、痛みが出る可能性は極めて低くなります。

❸を意識しているランナーが少ないと思います、あなたの身体はこれまでの人生の時間による積み重ねでできたものです。

誰もが左右完璧な身体にはなっていません、左右アンバランスだから故障するのです。

市民ランナーでこの3点セットをしているランナーはほぼいないでしょう。

 

関連記事↓

meguropersonal.hatenablog.com

 

 

・筋肉の仕組みを理解して、弱点を強化して正しく動ける身体をつくりましょう!↓

 

Run Grow Kanazawa では、

✅マンツーマンでの撮影付ランニングフォーム改良指導【明確にわかる+早期改良】

✴️マンツーマン指導はグループレッスンより初期投資はかかりますが、早期目標達成&故障予防改善とお考えください。

・グループレッスンでフォーム改良するにはかなり年月がかかります【時間は有限】

 

✅痛みの初期症状を見逃さずに筋肉の左右バランスを整え、違和感の予防と改善のための根本解決がパーソナルコンディショニングです。

ランニングやトレイルランの痛みはもちろん、

トライアスロンや登山での股関節、ふくらはぎ、膝、足首、肩の痛みを改善したいなど、

 

スタジオ【イディアル金沢・野田2-89 】では、

整骨院鍼灸院で行う一時的な痛みの消去ではなく、

✴️再発防止のために根本から変えていくコンディショニング施術が受けられます。

(治療器は一切使用しません)

 

・ランナー膝、ふくらはぎ痛、アキレス腱炎、足底筋膜炎、シンスプリント

・鵞足炎、股関節の痛み、ハムストリングスの痛み、梨状筋症候群

・膝蓋靭帯炎、腸脛靭帯炎、肩・背中痛み、腰痛等の根本解決を行っております。

 

✅初回の無料相談・内容等のお問い合わせは、

公式LINE『モトマチrunning』を追加ください ↓

(お名前、お悩みや現在の痛み、レース目標などを教えてください。)

lin.ee